【2023年4月更新】新Twitter APIの月額課金をする方法

「Twitter APIを活用すると何ができる?」「新しい料金プランは?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

2023年2月、Twitter APIの有料化が発表され、各方面に大きく影響を与えています。
また、2023年3月30日に新たな料金プランの詳細がTwitterの開発者向けサイトで発表されました。

この記事では、Twitter API連携の登録手順などについて解説します。Twitter APIを活用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

TwitterAPIとは?

Twitter APIとは、Twitterにおけるさまざまな機能を外部のアプリケーションでも利用できるようにする機能のことです。

たとえば、Twitterではツイートをしたり、タイムラインを見ていいねやリツイートをしたりするときは、TwitterのWebサイトから行うのが一般的です。

ここでAPIを用いることで、Webサイトを経由しなくてもツイートやさまざまな情報を取得できるようになります。

実際に、スマートフォンから利用する場合にはWebサイトではなく、Twitterアプリを利用するという人もいるのではないでしょうか。

実はそのアプリこそがTwitter APIの活用例のひとつです。
つまりTwitterでできるほとんどのことは、APIを用いて実行できるということになります。

TwitterAPIの新料金

3種類の料金プラン
  • FREE
    →無料
  • Basic
    →月額100ドル
  • Enterprise
    →月額42,000ドル〜210,000ドル

2023年3月30日、Twitterは開発者向けのDeveloper Platformサイトで新料金プランを発表しました。

今後は「Free」プラン、趣味者向けの「Basic」プラン、ビジネス向けの「Enterprise」プランの3種類が提供されます

有料版のTwitterAPIを課金する方法

新APIの課金方法
  • ベーシック(BASIC)を選択する
  • カード情報を入力する
  • 決済を完了させる

>>Twitter APIのアップグレードページはこちら

ベーシック(BASIC)を選択する

スクロールできます
STEP
BASICをクリック
STEP
下へスクロール
STEP
UPGRADEをクリック

カード情報の入力&カード決済をする

スクロールできます
STEP
カード情報を入力
STEP
カード情報の詳細
STEP
API登録が成功✨

まとめ

Twitte APIを活用することで、Twitterを利用したビジネスの幅が大きく広がり、さまざまな活用が行えるでしょう。

なお、Twitter APIの有料化に伴い、さまざまな仕様変更やアップデートなどが発表される可能性もあるので、今後の展開を観察する必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

あなたの「ポチッ」が励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次